読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

づれづれぶろぐ

つれづれなるままに思うところをまじめにつづるよ

みどりくじが当たらない…その理由はここに!|当てさせる気のない,その確率とは!?

f:id:TaWaShi:20170502200209j:plain

 

LINEの「みどりくじ」、皆さんチャレンジしてますか??

あれ、全然当たらなくないですか?僕は全然当たらなくて泣きそう(T_T)

何で100万円当たらないんだよ~!

とイライラが募ってきたので、頭の体操もかねて適当にまとめてみました!

 

まずは「みどりくじ」を知らない人のために詳細から入ります!

目次つけとくので飛ばしたい人は飛ばしてね!!

 

みどりくじとは

Sponsored Link

 

○ 概要

「LINEのグリーンウィーク」キャンペーンで、国内約 6,800 万人のLINEアプリ利用者全員にプレゼントされるくじのこと。

くじの当選金は「みどりくじ」を贈ったユーザーと受け取ったユーザーの双方が半分ずつもらうことができる(当選金総額5億円以上)。

当選金は2017年5月8日(月)(予定)に「LINE」アプリに標準で搭載されているスマホのおサイフサービス「LINE Pay」の残高にまとめてチャージされる。

 

○キャンペーン開催期間

2017年5月1日(月)~2017年5月7日(日)

 

○当選金、本数

1等 1,000,000円    7本
2等 100,000円   100本
3等 10,000円  10,000本
4等 1,000円  100,000本
5等 100円  3,000,000本

その他はハズレ

 

(引用元:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1736)

---

 

これだけ見たらちょっと嬉しいキャンペーン!!

…でも、実際は違うということが判明してしまったんですよね~

それが今回の記事の主題ですから、もうちょっと後で解説しますよ!

 

ところでこんな疑問抱いている人もいるはずですよね?

なぜこんなキャンペーンを行ってくれるのか?

 無料で参加できて総額5億円も用意してくれて。。。

やっぱりLINEって神様だわヽ(^。^)ノ

 

って思ってる素直な方、是非その心を大切にするといいと思います。

良ければ僕に連絡先を教えてください!

詐欺グループに高く売っておきますので(^^♪

 

冗談はさておき。その目的は、、、

おそらくLINE PAY利用者の増加を企んでいるのでしょう。

 

過去に二度、「LINEのお年玉」キャンペーン(2016年12月27日~2017年1月3日実施)と「LINE桜くじ」キャンペーン(2017年3月23日〜2017年4月1日実施)を行っていますので、それなりにLINE Payユーザーの獲得につながった実績があるのだと思います。

 

実際、LINE(株)が公開している資料には

LINE Pay登録アカウント数は世界1000万突破。日本、台湾での決済取引高増加

と大きく謳っているものもあります。

また、お年玉つき年賀スタンプの売り上げが好調で、収益が堅調に推移した

と調子にノリノリな感じをアピールしているものもありますね。

ネット上での決済が広がる中、そこに成長を見込んでいるということでしょうか。

 

(もっとも、僕はユーザーではあるものの、ほとんど使ってません。今は敢えてLINE Payを使いたくなるほどのお得感がありませんからね。

ユーザー獲得も大事ですが、使わせる仕組み作りが必要不可欠です。今後はそこに力を入れてくるのではないかと予想しています。)

 

と、ここまでが前置きで、ここからが本題!!

 

「みどりくじ」はなぜ当たらないのか!?

Sponsored Link

理由『その1』 贈ってもらえるくじが少ない!!

これはね、ほんとにどうしようもない。

ぼっちを極めてると、こうゆうね、、、

 

ふとした瞬間に~♪ 視線がぶつ…か……る相手がいない!

 

そもそもくじが送られてこないんじゃ、当たるはずもありませんね。

ガビーン。。。

 

そんな個人的な理由は置いておいて、、、笑

 

理由『その2』 確率が低すぎる!!!

これが一番の問題点!

考えてみて思ったんだけど、そりゃ当たるはずないわって感じでした。

 

今回のキャンペーンでは約6800万人に一人あたり50枚のクーポンを配っていますので、総配布数は34億枚です。

(50枚という数字は僕が受け取った枚数です。「このメッセージを受け取った方限定で、友達に贈れるみどりくじをちょっとだけ多くプレゼント!」と書いてあったので実際にはもうちょっと少ないのかは分かりません。)

(ってか、そう書いておきながらみんなと同じだったらキレる!!)

 

この数値を用いて、確率を求めると次のとおりになります。

 

f:id:TaWaShi:20170502181752p:plain

 

(なんか小数点以下がやばいことになってる。。。w)

 

とは言っても、実際に配布数が全部使われる訳ではないでしょうからね!

 

全体の1割使われたと仮定して算出しなおしましょう!!

 

f:id:TaWaShi:20170502181809p:plain

 

認識できました?

総配布数のたった1割しか使用されないと仮定しても、当たりは1%未満!!

 

ハズレは、

なn、なっ、なーーーーーーんと!!

 

99%!!!

 

HEY!ゴミくじ!!

 

 

…さて、いったん心を落ち着けて。

 

確率と言えばやっぱり宝くじと比較したくなりますよね!ねっ?!

ということで、ここからは2016年の年末ジャンボの確率を見てみましょう。

 

f:id:TaWaShi:20170502181741p:plain

※公表されているデータから求めたおおよその値です。(発売総額1,500億円・25ユニットの場合 ※1ユニット 2,000万枚として算出)

 

面白いですね~、実に面白い。

 

1割しか使用されないと仮定した場合のデータと比較しても、

1等が当たる確率は年末ジャンボの1等が当たる確率の半分!!

 

ハズレくじの割合も、年末ジャンボは88%であるのに対して!みどりくじは99%

 

もうゴミくじとしか言いようがないよね!!!

 

そのくせチャレンジしたらLINE Payに登録させられるし、そりゃ不満も出てくるわって感じですねー。

 

まとめ

  • LINEは当てさせる気ありません!
  • チャレンジしたらLINEの思うツボだよ!!
  • 99%ハズれるから期待してチャレンジするのはやめよう!!!

 

以上!

それではまた(@^^)/~~~

Sponsored Link

Amazon,キャンペーン商品の注文を一方的にキャンセルする最悪な対応を披露

Amazonヒドイ...!! たわしです!

今回はアマゾンに対する文句?的な記事です。

 

今回、問題となった商品はこれ。

 

 

この記事を書くに至った理由は、突然Amazonから届いたこのお詫びメール。

 

---

f:id:TaWaShi:20170420232612p:plain

 ---(一部加工)

 

ん?

なんかめっちゃ淡々と書かれてるけど、、、何言ってるのか分かってるのかな?

 

こっちとしてはこんな感じだよ?? 

 

Sponsored Link

 

(心の叫び)

ま、まっ、、、まーじかぁーー!

 

ありえねぇ”え”-!!

 

┏┗┏┗┏(‘o’)┓┛┓┛┓

 

GO FIGHT! マジマジ マジレンジャー

夢見てフューチャーぉ

ぁ”あ”-----!!

(古い。)

 

 

んまぁそれはさておき。

 

なにがあり得ないって、この商品、実はキャンペーンだったんですよ。

 

【レジで5-20%OFF】Windows10搭載最新PCが新生活応援価格でお買い得

ってキャンペーンで20%OFFの対象になってたんですよね。

 

ほら。↓

 

f:id:TaWaShi:20170420232610p:plain

 

 

こんなキャンペーンを打ち出して、注文だけさせておきながら、

今になって「入荷できませんでした、すみません。キャンセルします。

だそうです。

 

もし神対応なるものがあるとすれば、

これはまさにゴミ対応じゃないっすか、Amazonさん!?!?!?

 

だったらキャンペーンなんてやるんじゃねぇよ!!

 

って話だし、

 

代替品の提案なり何なりがあってもいいと思うんですけどね。

 

便利だしありがたく利用させてもらっている身ですが、もう少し消費者を大切にした運営をしてほしいよ、、、

 

ってことで「Amazonさん、もっと消費者を大切に」の巻でした。

 

こうゆうときは呑んで寝るが鉄則!

だから、今日は呑もう!スーp…ただのフライデーや!!

ではまた(@^^)/~~~

Sponsored Link