づれづれぶろぐ

つれづれなるままに思うところをまじめにつづるよ

「逃げ恥」はなぜ人気ドラマになったのか|このドラマが今後に与える影響は...

f:id:TaWaShi:20170321180423j:plain

 

ガッキーこと新垣結衣さん演じる「森山みくり」と星野源さん演じる「津崎平匡」が契約結婚をし、様々なやり取りを繰り広げる姿を描いたこのドラマ。

 

逃げるは恥だが役に立つ」(通称:逃げ恥)

 

若年層を取り込み、高い視聴率を連続で更新するという快挙を見せたドラマでもありましたね。

 

何故そこまで人気が出たのか、また、隠された秘密はどのようなものがあったのかを振り返ってみたいと思います。

 

ガッキーと星野さんの双方のファンを取り込んだ

Sponsored Link

 

これはだいぶ大きな要因だと思います。

新垣結衣さんは、このドラマ開始以前から、「かわいい」と世間的に言われており、また、女性から嫌われるような性格でもないことから、男性を中心としながらも、男女問わず人気をもっていました。

星野源さんは、本の出版や音楽など多彩な才能を持ち合わせており、女性中心ではありながらも、こちらも男女共から様々な部分で人気を得ていました。

 

その二人の共演と言うことで、両者とものファンをうまく取り込めたのではないかと思います。

両者ともに「世間の人間から嫌われない人柄」であり、これが相当重要な要素であったと感じます。

 

ドラマとは思えないネタ要素の多さで気楽に見れた

情熱大陸のミュージックを使用したり、エヴァ風の表示をしてみたりと、ドラマにしてはネタ的な要素がとても多いのも特徴的でしたね。

 

平日の夜10時からの放送。

視聴者にとっては、週が始まってまだ一日。

週半ばでもないその曜日のその時間帯は、週が始まったことによって少し疲れが生じ、でもまだあと三日あるというあまり気分の乗らない頃です。

 

そんな放送時間帯だからこそ、頭を使わずに気楽にただ見ていて笑えるこのドラマが人気になったことと思います。

 

若年層をうまく取り込めた

また、先述のように、(良い意味で)軽い感じのドラマであったからこそ、普段はドラマを見ないような学生層を取り込むことができ、そこからSNSで拡散されたという構図ができたのでしょう。

これについては、ある程度想定され、また、狙われていたことのようにも感じます。

 

特に恋ダンスSNSで話題をよび、視聴者や系列のアナらが踊ってSNSでシェアされ、たちまちいろいろな場面で踊られるようになったりもしました。

 

紅白でも、特別審査員として参加した新垣さんが、星野さんの歌う"恋"に合わせて照れながら小さく踊っているところが放送され、そこでもドラマの話がまた出てきました。

終了後の話題性も大きく、ドラマでも稀にしか見ない余韻の大きさだったと感じています。

 

因みに、エンディングでの踊りはこのドラマが初めてというわけではありませんね。

2016年夏の「グラメ」でも出演者が音楽に合わせて踊っているシーンがありました。

個人的には番組後に気分よく見終えられるのでこの傾向が続くのは歓迎ですね。

 

CMにも工夫があった

CMにもこだわりがあったように思います。

思い返せば、日産「ジューク」のCMが挟まれていたことは記憶にある方も多いのではないでしょうか。

番組中で石田ゆり子さん(百合ちゃん)の乗っていた車も日産「ジューク」でしたね。

 

それだけでなく、ドラマのキャストが役のままCMに登場し、

「CMとはわかっていながらもついつい席を離れずに見てしまう。」

そんな視聴者の心理をうまくつかんだ構成であったように感じます。

 

まとめ

これらのどこまでが想定内で、どこからが想定外のことであったのかは製作サイドにしかわからないことです。

ここで唯一言えるとすれば、「逃げ恥」が、これらの要素がドラマとして効果的であるということを示したいわば先駆者となったということでしょう。

今後もしばらくの間はこれらを意識したドラマ作りがなされていくのではないでしょうか。

んまぁこれらが適度に含まれているというのは大前提ですけどね。

どれかひとつを適当に取り入れたところで、人気になるどころか、つまらないくそドラマになってしまいますから。

(今放送中のものでも「ん?見るのやめよ。」ってなるようなものもありますしね。)

 

今後の他のドラマの構成もぜひ注目ですね。

 

さいごに

このドラマで十分に楽しんだ方も多いでしょう。

が、逆にドラマであればもっと重たい内容を扱ってほしいという意見もあります。

当然、万人が満足するものなどありませんが、これからもいろいろな試み、そして進化を感じるドラマが増えていくといいですね。

これからに期待です。

 

さて、以上で今回はおしまいにします。

それではまた(@^^)/~~~

 

ギフト券売買『ギフル』と『Giftissue(ギフティッシュ)』を比較!|Amazonギフト券が要らない・欲しい人必見!期間限定キャンペーン

たわしです!

 

今回のお題はこちら。

  • 「ギフト券売買のギフルでアマゾンギフト券整理!」
    • はじめに
      • ギフルってなんぞや?
      • 取扱いギフト券は?
      • 見た感じどっちが良さそう?
        • 「ギフル」
        • 「Giftissue」
      • 手数料は?
        • ○買う場合
        • ○売る場合
      • 結論どうなのよ??
        • 買う場合
        • 売る場合
      • 2017/01/30追記
        • オススメの記事

「ギフト券売買のギフルでアマゾンギフト券整理!」

 

今回は、「ギフル」のまとめをしてから、同業先発サービスの「Giftissue」との一部比較をしたいと思います!

Sponsored Link

続きを読む